個人年金保険に加入しました

わたしは、数年前からずっと迷っていたのですが、個人年金保険に加入しました。

私の背中を押したのは、もうすぐ誕生日が来るので、その前に加入した方がお得だということでした。

個人年金保険を考え出したのは、数年前から世帯の収入もほとんど増えず、公的年金もあてにできないということで、将来のお金のことが不安になってきたからです。

今は超低金利ですので、個人年金保険でお金をふやしたいとは思っていません。

ですが、将来の安心を得るため入るなら、早めに入った方がいいとも思い始めました。

保険会社の窓口では、様々なプランで試算してもらいました。

その中で、やはりもっと早い時期に入っていれば、もっと増やすこともできたこともわかり、少し後悔しました。

金利の低い今、個人年金保険に入るのはどうなのかと、試算結果を見ながらも随分迷いました。

その結果を家に持ち帰り、他の保険会社のプランと比べてみました。

しかし、特に魅力的な保険は見つからず、結局その個人年金保険に入ることにしました。

老後の資産形成には、確定拠出年金などリスクを取りながらでも投資をした方が良いこともわかってはいるのです。

でも、まずは元本保証のものを、しっかり確保しておきたいと思いました。

決断力が必要な個人年金保険でしたが、加入の手続きが無事終わると、何となくすがすがしい気分になりました。

ずっと迷っていたことが解決してほっとしましたし、すやねむカモミールも飲んだので、安心して爆睡してしまいました。

ただ、加入した個人年金保険は、年金としてもらえる金額はそれほど多くはありません。

そのため、貯蓄にも励まなければならないなと、改めて思いました。