日本と世界情勢の影響がどうなるのか不安です

トランプ氏がアメリカ大統領に就任してから、数か国の90日間の入国拒否をはじめましたね。

トランプ氏の目的としてはイスラム教徒の多い国の入国を拒否することでテロの予防や自国の防衛を考えているようです。

でも、なんだかとても差別的で悲しいな、と思ってしまいます。

自国を守る責任もありますし、それが国民のためになることもわかっていますが、善良な方々やいわれのない方々からしたら、悲しい以外のなにものでもありませんね。

トランプタワー前では抗議のデモも行われているそうですが、どうなっていくんでしょうか・・・。

この入国拒否が決まってしまったがゆえに帰れなくなってしまった観光客の方々もいるそうで、信じられません。

世界全体が争いなく幸せになってほしいと願う自分からしたら胸をいためるニュースですよね。

また、ロシアのプーチン大統領のほうも、家庭内での平手打ちなどの暴力に関して刑事介入をしない法案を通したそうで。

ロシア国内の基準や、生活事情というのは詳しくは知りませんが、あまりにもちょっとしたことで事件扱いにされてしまうのはどうかと思います。

また、家庭内暴力や恋人間での暴力など、本当に苦しく悩んでいる方々からすれば、逃げる道を大きく絶たれたような気がしてしまいます。

この法案の基準を明確にすることや、これに代わる暴力に苦しむ人々を救う法案ができることをわたしは心から願っています。

しかし最近、この独裁的な方々が目立ってきましたね。

今テレビでみているこの世界情勢ですが、そのうち教科書にのるようなこととして取り扱われるようになるんですかね。

この先、日本への影響はどうなってくるのかも本当に不安ですね。

メルラインあごニキビだけでなく、自国の政治にも注目していきたいと思います。