献血するには体重が足りない!?

先日、人生初の献血をしました。

この一ヶ月ほど前、献血をしようと一度献血ルームへ行ったのですが、体重測定の結果、体重が三キログラム足りず断念せざるを負えませんでした。

そこで私は、体重が少ないのなら増やせば良いと考えたのです。

しかし、どのように増やすのかが問題でした。

私は食事の量を増やして体重が増えたとしても、基本的には翌日になると増えた体重が元通りになっていることが多いからです。

この事を友人達に相談すると、粉ミルクを飲めば良いと提案してくれました。

早速薬局へ行き、粉ミルクを購入しました。

一日に何倍も飲めば600キロカロリーぐらいは摂取できるので、ここから私の「体重増量プログラム」がスタートしました。

最初はお湯で溶いて飲みましたが、美味しいとも美味しくないとも何とも言えない味です。

ただお湯で飲むだけというのは、飽きてしまうためバリエーションを増やすことにしました。

水で溶いたものにココアを加えたり、蒸しパンミックスに混ぜて蒸したり、カレーやシチューに入れたりと色々チャレンジしました。

味を変化させつつ、二時間おきに粉ミルクを摂り続けました。

そして、一週間が経過した頃、久しぶりに体重計に乗ってみると、四キログラムも増量していたのです。

私は粉ミルクの力はとても大きいと実感しました。

難なく体重制限をクリアし、献血をする事が出来ました。

基本的に体重の増えにくい私でも、今回体重増量プログラムが成功し、献血をする事が出来たので本当に嬉しかったです。

そのことを友人達に話したら、「良かったね」って喜んでくれました。

でも、友人達の多くは、痩せ菌を増やすラクビサプリなどを飲んだりして、体重を減らそうとしているので、私とは全く真逆のことなんですよね。

だから、体重が増えない悩みって羨ましいとも言われました。