閉店間際のスーパーの値段に衝撃を受けました!

仕事が夕方終わると、いつも車で帰宅の途中に夕食と翌朝の朝食用の食材を購入しています。

先日、クリーニングに出す洗濯物を家から持ってくるのを忘れてしまいました。

クリーニング屋さんはスーパーに隣接しているので、いったん家に帰ってからもう一度クリーニング屋さんとスーパーに出かけることにしました。

一旦家に帰ると、洗濯物の取り込んだり回覧板を回したり、何かと時間を割いてしまいました。

その後、その日家族が帰宅するのが遅いと聞き、まったりとおやつを食べてくつろいでしまいました。

19時までのクリーニング屋さんにギリギリに滑り込み、その後パン屋さんへ行き、スーパーに行きました。

20時までのパン屋さんとスーパーは値引商品のオンパレードで、パンは全品100円で普段240円くらいで購入しているパンも100円になっていました。

そして、トロが入った豪華刺身の詰め合せ1,200円の商品が500円に、お惣菜は半額以下で売りさばいていました。

普段は平均すると2,500円程度になる買い物が、今回の買い物は普段より豪華な食材なのに1,000円程度お値打ちに買い物出来ました。

この衝撃の値段をみると、普段お値打ち商品をいろいろ物色して買い物していましたが、普段この時間に買い物をしている人から見ると、全くお値打ちな買い物ではなかったのだと思いました。

閉店間際なのにお客さんの数が多いと感じたのは、この値引を狙ってあえてこの時間に買い物に来ているのだと気づきました。

いつもはなかなか食べられないトロなどを、こんなにお値打ちに食べれるのなら、いつもは無理ですが、家族の帰りが遅い時などはこの方法をとって買い物するのも有りだなと思いました。